FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

すべてのものに…


ひとつの終局がある…

それに関しては、善良な者も罪人と同じ…

また、私のかけがえのない友が一人安らかな眠りについた。

長年にわたり、私のヘアメイクを担当してくれた。
心から身を任せられた一人だった。

数年前に胃を全摘し…
…といっても、彼は流動食しか取らなかったのでさほど生活面での変化はなかったと思う。

よく、酔っ払った彼を私の家から有に1時間半は離れていた彼の自宅まで送っていったものだ…

普段は無口で妻と子供をこよなく愛する優しい男だった。

また、彼も大勢の人間から愛されていた。

兄貴、素敵な思い出を沢山ありがとう!
かならず、また逢えるからね!
そしたら、また、とことん飲もうね!
スポンサーサイト
モブログ | trackback(0) | comment(2) | 2006/11/29 Wed
<< サンジェルマン8世&ピアノラウンジJJ | home | 左手負傷… >>

Comment

私は
今年、3人の人を亡くしました。
うち2人は同じ週でした。
ある程度年齢のいった方たちでしたが、1人は50歳にやっとなったかな?
前の職場の良き友人で先輩でした。香港に駐在していて、私が上海で仕事があるときに会おうねって約束したまま音沙汰がないので不思議に思っていたら、次の連絡は訃報でした。
私はこのところものすごい体調が悪く、道を歩いていると酔っぱらいと思われるほどにヨタついています。日本のサラリーマン、身体を張るけれどやはり与えてもらった命と自分の家族が大事なので、今週はずーっと休んでいます。
2006/11/29 Wed| URL | J・AGE [ 編集 ]
親しい人を・・・

失うのはとても辛いことですよね。
その度に、人は何故死ぬのだろう・・・
と、考えてきました。

しかし、その答えがあるならば、皆知りたいと思うのではないでしょうか。

私は聖書の中にその答えを見出しました。

仕事をして家族を養うことは一家の主の大切な務めですが
家族の平安を奪わない努力も大切な勤めですよね。


くれぐれもご自愛くださいませ。。。
2006/11/30 Thu| URL | Megu [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。